高校野球・プロ野球 名勝負

高校野球・プロ野球の名勝負や、個人的に記憶に残っている試合など。

主将の一撃!満塁弾で初制覇!!<佐賀商×樟南>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
佐賀商 0 0 0 0 0 3 0 1 4 8
樟南 0 3 0 0 0 1 0 0 0 4

<1994年・夏 第76回選手権大会決勝>1994年8月21日:阪神甲子園球場


史上初の九州勢同士の決勝戦となったこの試合。
優勝候補の一角にも挙げられていた樟南(鹿児島)が有利と見られていました。

4-4の同点で迎えた9回表、佐賀商業の攻撃。
2本のヒットと四球で二死満塁とし、打席には主将の西原。その初球。西原の打球はレフトスタンドへ…決勝戦では史上初となる満塁ホームラン!
この一発で試合が決まり、佐賀商業は初の全国制覇を成し遂げました。
ちなみに、このときの佐賀商業は県大会ノーシードから勝ち上がってます。

敗れはしましたが、樟南の福岡-田村のバッテリーは、野球ファンの方々の記憶に鮮烈に残っているのではないでしょうか。
私は、プロ野球・DeNAの山崎康晃の顔を見る度に、樟南の福岡を思い出すんですよね。エキゾチックな整った顔立ちがそっくりだと思うんです。
捕手の田村は卒業後プロ野球・広島に入団。現役生活は短かったですが、引退後はスカウトに転身し、2013年のドラフトでは3球団競合となった大瀬良のクジを引き当てたことで話題になりました。