高校野球・プロ野球 名勝負

高校野球・プロ野球の名勝負や、個人的に記憶に残っている試合など。

松井秀喜 5打席連続敬遠<星稜×明徳義塾>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
星稜 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
明徳義塾 0 2 1 0 0 0 0 0 X 3

<1992年・夏 第74回選手権大会2回戦>1992年8月16日:阪神甲子園球場


この年の星稜の4番打者は、後に巨人やヤンキースなどで活躍する松井秀喜でした。

この試合、明徳は松井を全打席敬遠する作戦をとりました。

1回・3回・5回・7回・9回と、松井には5回打席が回っています。
3回あたりから観客席がざわつき始め、球場は異様な雰囲気に。
そして、9回表の最終打席で敬遠された際には、スタンドからメガホンが投げ込まれ怒号が飛び交い、試合が一時中断。
試合は3対2で明徳が勝利したものの、明徳の校歌斉唱は罵声や帰れコールに掻き消されました。

この件は当日夕方のニュースでも大々的に報道され、大きな波紋を呼び、ついには社会問題にまで発展しました。

ヒートアップする周囲とは対照的に、松井は自分の感情を抑えて大人の対応をしており、それがまた泣けました。

一度もバットを振らせてもらえなかった松井は当然悔しかったでしょう。
しかし、明徳の馬淵監督も勝つための苦渋の決断だったと思います。

この件で一番かわいそうだったのは明徳の選手たちではないでしょうか。
選手は作戦に従って一生懸命戦っただけです。しかし、勝利したのに罵声を浴び、宿舎では抗議の電話が鳴りやまず、外に出ることも出来なかったのです。
テレビの報道では、抗議の電話は二千件ほどあったと言っていたような記憶があります。
当時を知らない若い方には想像も出来ないかと思いますが、本当にとんでもない騒ぎになったのです。

この当時、私はまだ中学生でしたが、この騒動を見て、なんというか高校野球の世界特有の異様なものを感じました。

私が思うのは、「高校生らしく」「正々堂々と」「高校球児らしい爽やかなプレーを…」等々、見ている側が勝手に高校野球のイメージを作り上げ、それをプレーする側に押し付けていないかということです。

松井と勝負するところが見たかったという気持ちは当然あります。私も高校時代は野球部でしたが、もし自分のチームが全打席敬遠の作戦を敢行するとしたらモヤモヤしたものが残るでしょう。
ただ、明徳としては勝つための作戦としてきちんとルールの範囲内でやっていたわけで、あそこまで叩かれたのは異常としか思えません。


今日の甲子園では、明徳が選抜優勝校の敦賀気比と対戦し、延長戦の末に敗れましたが素晴らしい試合を見せてくれました。
白髪頭になった馬淵さんを見て、きっとあの件以降色々なご苦労があったのだろうな…と、その心中を察せずにはいられませんでした。